健康とは程遠かった私の健康を取り戻してくれたスロージューサー

スロージューサーおすすめランキング

スロージューサーで生活習慣病の予防・改善にも!

      2015/12/02

 

生活習慣病の予防・改善

スロージューサーによって絞られたジュース、「コールドプレスジュース」というものが最近、女性を中心に人気を集めています。
というのもこのコールドプレスジュース、一昔前に話題になった野菜スムージー以上に栄養素を効率的に摂取していくことができるジュースなのです。
基本的に、スムージーの場合は生の野菜の成分をそのまま体に取り入れていくことができます。
ですが、その作る過程でミキサーを使用するので、どうしてもその摩擦熱で多少の栄養素を壊してしまいます。

その点、コールドプレスジュースの場合は生の野菜をゆっくりと押しつぶし、熱を一切加えることなくジュース状態にしていきます。
つまり、野菜や果物に含まれる栄養素を一切崩すことなく体に取り入れることができるということです。
ダイエットや胃腸の環境改善に適した酵素、ビタミンやミネラルなどをより多く摂取していくことができるので、美容面だけでなく健康面でも非常に高い効果が期待できます。

スロージューサーは生活習慣病の予防・改善にも効果あり!

実際にこのコールドプレスジュースは高血圧、糖尿病、脂質異常症等の生活習慣病の予防に最適であるとされています。

生活習慣病の改善には長年続けてきてしまった食生活を改めて、正しく健康的な食生活を長く続けていくことが何よりも大事になってきます。

一週間や二週間位なら続けられるでしょうが、何年間という単位で続けていくには手軽でかつ簡単に食生活を改善できる方法でないと続きません。

そこで最適だと言われているのがスロージューサーで絞ったコールドプレスジュースを毎日飲み続けるという方法です。

野菜に含まれている食物繊維を毎日摂るようになると、コレステロールの吸収を抑え、糖質の吸収を遅くするなどの効果があります。

またニンジン、ピーマンなどの緑黄色野菜には抗酸化作用があるので、動脈硬化の予防にも良いとされています。

さらに低カロリーな野菜を先に食べる(飲む)ことによって満腹感が得られるようになるので、1日の総摂取カロリーを大きく減らすことも可能です。

1日に食べるといいとされる野菜の量は350g

  • コレステロールの吸収を抑える
  • 糖質の吸収を遅くする
  • 動脈硬化を予防する

このような効果をしっかりと得たいなら1日に食べるといいと推奨される野菜の量は350gとも言われています。

正直毎日350gを食べ続けるのは飽きてしまうし、続かないと思います。

しかしスロージューサーで絞ったコールドプレスジュースなら350g分の野菜をコップ1杯で摂取することが可能になります。これであれば毎日苦労なく続けていく事が出来ると思います。

健康的な人

以上のように生活習慣病を予防・改善したい方にとってスロージューサーはとても魅力的なものです。

スロージューサーで生活習慣病の予防・改善を続けていけば、医者や薬に頼らないで健康な体を手に入れることが出来ます。

私のおすすめのスロージューサーは「スロージューサーおすすめランキング」で紹介しています。

あなたもスロージューサーで健康的な食生活を送ってみませんか?

 - スロージューサー, 生活習慣病予防